電子マネーの目的


■企業の狙い
日本人は基本的にカード決済よりも現金決済の方が好むと言われています。では、電子マネーを提供する企業は何を目的としているのでしょうか??電子マネーの用途には大きく分けて2通りに分けられます。
@Suicaやイコカに代表されるIC鉄道乗車券
A買い物の決済手段

◆まずIC鉄道乗車券の狙いにはひとつにコスト削減があげられる。従来の磁気式では接触させるため接触部が摩耗するが、IC乗車券では非接触なのでメンテナンスが大幅に削減できます。また、駅のスペースの効率利用ができます。というのは改札機で切符詰まりがなく定期券に入れたまま改札を通過できスムーズに進むので混雑緩和に役立つ。さらに乗車券を買うために並ぶ必要もなくなり、券売機を減らしてその分を駅なかスペースに効率利用することができるのです。

◆次に買い物決済手段としての電子マネーの狙いは何でしょうか。当サイトで紹介している、Edyはこれにあたります。
@レジの行列緩和
Aレジ時間の短縮
B釣銭準備の手間削減
レジで現金を受け渡しする必要がなくなるとレジ時間が短縮されて、するとレジ作業コストが削減されお金の受け渡しの間違いも無くなりますよね。また現金がなければコンビニ強盗などはなくなります。以上が電子マネーの狙いになります。

これらは企業の利益にもなりますが消費者の利益にもなると思います。電子マネーはこれからもっと世の中に浸透していくと思います。

home:Edyを貯めるぞ!!



- mono space -